手放せない
スポーツタイプイヤホン

TOPICS
2021.05.21

ランニングなどの運動時、イヤホンを付けている人をよく見かけます。しかし、街中では事故に気をつけなければいけませんし、汗や雨などの防水面も注意しなくてはなりません。また、完全ワイヤレスのイヤホンは落下にも気をつけなければ……。この不安を解消してくれるのが「スポーツタイプのイヤホン」です。このタイプは防水や落下防止などの対策が施されています。スポーツをしながら音楽を楽しむことのできるイヤホンをヨドバシカメラの黒川剛さん(オーディオチーム)にお聞きしました。

スポーツタイプのユーザーが増えている

最近、特にスポーツ目的でイヤホンを購入されるお客さまが増えていますね。新型コロナウイルスの影響で、ランニングや運動を始める方が増えているようです。各メーカーも、最近の運動へのニーズの高まりに対応した新製品を発表しています。

スポーツ仕様イヤホンの特徴として、第一に「防水機能」があります。汗はもちろん、急な雨に濡れても故障することはありません。たとえばランニング中、急に雨が降ることはよくあることです。お客さまから聞く故障原因のひとつが「突然の雨に濡れてしまった」です。スポーツタイプと謳っている製品では突然の雨程度では故障はしないと考えて大丈夫でしょう。シャワー程度の水濡れでも問題ありませんし、中にはジャブジャブと水で洗っても大丈夫な製品もあります(防水のレベルは各メーカー、商品によって違いますのでご注意ください)。

防水性の次に「耳から外れにくい」という特徴があります。走ったり、フィットネスジムでトレーニングをしたりしているときにイヤホンがポロリと落ちると困りますよね。スポーツタイプのイヤホンは耳から外れにくい形状になっています。

骨伝導で音楽を「聞く」

AfterShokz https://aftershokz.jp/

AfterShokz(アフターショックス)の『Aeropex』は骨伝導ワイヤレスイヤホンです。一般的なイヤホンは、音波が外耳と鼓膜を通じて内耳に伝わります。つまり空気振動です。骨伝導のイヤホンは、直接耳を塞ぎません。音の振動が「骨」を通じて聴覚神経に伝わるのです。発売当初の骨伝導イヤホンはそれほど音がきれいに聞こえるレベルではありませんでしたが、最近の製品はしっかりと音楽が聞こえます。

実際に装着してみて「すごい!」と驚かれるお客さまは多いですね。構造上、この『Aeropex』は激しく動いても頭から取れませんし、耳を塞ぎません。つまり、骨伝導で音を感じながらも周りの音が聞こえるので、周囲の状況を確認することが可能です。走っているときに周りの音が聞こえるというのが最大のメリットですね。素材はチタンフレームで、耐久性がありラフに使えます。防水性も高く、ジャバジャバ洗っていただいてもかまいません。

おしゃれだけどタフなイヤホン

Jabra https://www.jabra.jp/

デンマークのブランドJabra(ジャブラ)の『Elite Active 75t』は一見、おしゃれなデザインのイヤホンに見えますが、実はなかなかタフな製品です。耳の穴に入るシリコン部分は3サイズ付属していますので、多くの人の耳の形状にフィットします。特殊なグリップコーティングを施していて、ワークアウト中にもしっかりと固定されるようになっています。

もちろん、防塵・防水性能が高く、悪天候でのランニングでも何の心配もなくワークアウトに集中できます。ちなみに水深1mまで最長30分間の耐水性が備わっています。『Elite Active 75t』は主にスポーツシーンを想定していますが、テレワークなどの日常使いでもおすすめです。4つのマイクが付いており、音が非常にきれいに集音できるため、リモート会議などでも活躍すると思います。個人的には総合的に良い商品だと思っています。

クールなルックスに重厚なサウンド

アンダーアーマー https://www.underarmour.co.jp/

最後にご紹介するのが『UAスポーツワイヤレス フラッシュイヤホン』。スポーツブランドのアンダーアーマー(UA)とJBLとのコラボ商品です。オーディオ好きならJBLの音作りには大きな信頼があると思います。当然、この商品はJBLサウンドが存分に楽しめます。装着部分のイヤチップは人間工学に基づいた形状と素材の研究から開発され、耳の形にフィットするように作られていて、取れにくいのも特徴です。

そこにアンダーアーマーこだわりの耐久性が加わっています。一見、ごつく感じるかもしれませんが実は見た目よりも重くありません。アスリートも多く使っていますね。スタイリッシュに運動を楽しみたい方には最高の選択ではないでしょうか。

ケーブルから解放される喜び

冒頭で運動を始める方が多いとお話ししました。お客さまの不安の多くは「運動中に落ちない?」というものが多いですね。最近のスポーツタイプのイヤホンはフィット感が向上したりフックがあったりと、本当に落ちにくい仕様になっており、使用していて安定感があります。それに耐久性が高く、少々ラフに扱っても大丈夫です。

ケーブルがあると、運動中はやっぱり邪魔になりますよね。防水性、耐久性、落下防止はかなりのレベルまで来ています。これからフィットネスジムでスポーツタイプのイヤホンユーザーがどんどん増えてくるでしょう。ぜひ、フルワイヤレスのスポーツタイプイヤホンを運動に取り入れてみてはいかがでしょうか。使ってみると、きっと手放せなくなると思います。


取材協力:ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba

Please Share!

PICK UP!