メンバーのエニタイム活用術

STORY 06

話題のトレーニングで体幹を強化!
ファンクショナルエリアの活用術

小林アリサさん(33歳)

体を動かすことが大好きで今はサーフィンにはまっているという小林アリサさん。サーフィン上達のために始めたファンクショナルトレーニングが、エニタイムに通うきっかけとなったそうです。体幹が鍛えられ、ケガをしにくい体へ変化し、日常生活にもいい影響をもたらしてくれるファンクショナルトレーニング、その魅力を伺いました。

ファンクショナルトレーニング
との出合い

「もともと海や山などの自然が好きで、サーフィンに対する憧れが強かったんですが、ハワイで体験スクールに入ったことがきっかけでサーフィンを始めました。最初は恐怖心が強かったのですが、海に入って3回目にボードの上に立てたとき、それまでの怖さや疲れが一気に吹き飛んだんです。その後は毎週海に行くようになりました。でも、もっと長く波に乗りたくてもすぐバランスを崩してしまうし、息切れして体も疲れやすくて…。そこで始めたのがファンクショナルトレーニングなんです」。

ファンクショナルは直訳すると「機能的」ということ。その人がどういう動きを必要としていて、どういう動作ができるようになりたいかという目的に合わせて、スムーズに動ける体をつくる=機能的に動けるようになるためのトレーニング方法がファンクショナルトレーニングです。

「サーフィン上達の近道は、とにかくいい波に乗ることと言われるのですが、仕事もあって週末にしか海に行けないので、悶々としていたんですよね。もともとは体幹を鍛えるためにヨガをしていたのですが、コロナのせいで教室も通いづらくなって。そんなことをサーフィン仲間に話したら、ファンクショナルトレーニングをするようになって、パフォーマンスが劇的に上がったよと言われたんです。その友人はトレーニングのためにエニタイムに通っていたのですが、コロナ対策もしっかりしているし、24時間営業なので、時間を気にせず通えると言っていたことも興味を持った大きな理由でした」。

小林アリサさん

入会1ヶ月で効果を実感!

小林さんはさっそくエニタイムフィットネスに入会しました。

小林さんの通う店舗のファンクショナルエリアには、バランスボール、ストレッチ用ポールなどの馴染みの器具はもちろん、メディシンボールやサスペンションといったファンクショナルトレーニング特有の器具も揃っていて、トレーニングを始めるのにうってつけの環境だったそうです(※器具・設備は店舗によって異なります)。

「トレーニングの仕方は、エニタイムのスタッフさんがアドバイスしてくれるので、1人でもスムーズに始められました。サーフィン上達のためには、体幹を強化したいのでバランスボールやプランクをやって、それから下半身を鍛えるためにケトルベル、パドリングのためにローイングで背中を鍛えるのが、いつものローテーションですね」。

ファンクショナルトレーニングを始めてから1ヶ月くらいで、その効果をはっきり感じたという小林さん。

「まずボードの上でフラフラしなくなって、パドリングのスピードが速くなりました。前はアウト(沖)に出るだけで軽く息切れしていたのにそれも感じなくて。それから徐々にボードの上でも安定感が増して、明らかに転びづらくなりました。波に長く乗れるようになってから、サーフィンがますます楽しくなりましたね」。

小林アリサさん

体幹強化だけじゃない!
嬉しい効果がたくさん

ファンクショナルトレーニングを取り入れると、体の動きがスムーズになり、ケガをしにくくなることも大きなメリットの1つです。

また、横隔膜や腹横筋など、呼吸をサポートしてくれる部位を鍛えられるので、肺が活発になり、息切れしにくい体を手に入れることができます。

疲れにくいということはそれだけたくさん練習できることを意味し、スポーツ上達のための好循環が生まれるようです。

「自分の持っている力を発揮できるようになると、トレーニングすること自体が面白くなってきて、今ではファンクショナルだけでなく、鍛える部位を意識しながらマシントレーニングもするようになりました。体幹が鍛えられたことで、日常生活でも姿勢が良くなったように思います。姿勢が良くなると、気持ちまで前向きになってコロナ禍のストレスにも強くなった気がします。サーフィンのあとはすごくお腹が空くんですけれど、代謝が上がったせいか、たくさん食べても太りにくく、嬉しいことがいっぱいですね」。

今ではエニタイムでトレーニングする平日も、週末のサーフィンと同じくらい楽しく充実した時間となっているそうです。ファンクショナルトレーニングは、その人の身体機能に合わせてさまざまなメニューが用意されているので、小林さんのようにスポーツを上達したい人だけでなく、日頃あまり運動していない人でも始めやすいのが特長です。日常的に取り入れることで体のパフォーマンスが向上するファンクショナルトレーニング、みなさんもぜひエニタイムのファンクショナルエリアで、その効果を体験してみてください!

小林アリサさん

※インタビュー/撮影時のみ、一時的にマスクを外して撮影しています。