お知らせ

全国ローイング大会
チャリティブースイベント報告

2019年1月20日(日)
滋賀県立体育館「ウカルちゃんアリーナ」

2019年1月20日(日)滋賀県立体育館「ウカルちゃんアリーナ」にて、日本最大級のローイングエルゴの大会でチャリティブースイベントを行いました。
昨年に続き2度目のチャリティイベント参加となりました。

今回は、チャリティ内容をタイムアタック型で行いました。新店舗にケトルやバトルロープが設置される事から変更しました。

体験内容

  • ケトルスイング 20回
  • バトルロープ 20回
  • コンセプトバイク 200m

この3種目の合計タイムを競いチャリティ金額を変えました。

  • 1分以内 500円
  • 1分30以内 300円
  • 2分以内 100円

また、レコードタイムを出した方にはマフラータオルをプレゼントしました。

大会自体は900名以上の参加者があり、また多数の海外からの招待選手の参加もあり、大変盛り上がりました。
昨年と違うのは、観客の多さが目立ちました。

招待選手:Eskild Balschmidt Ebbesen(エスキルド・エベセン) 27 May 1972 (age 46)
オリンピックでは5個、世界選手権では6個のメダルを獲得し、デンマークのLM4-を牽引してきたスター選手。
元祖エルゴキングでもあるエスキルド選手も、レース後で疲れているにもかかわらず「タイムアタックチャリティ」にチャレンジ。結果はさすがのレコードタイムでした。

昨年よりもエニタイムのブースが格段に広くなっており、昨年の盛り上がりが、少しでも認めていただけたのかなと嬉しく思いました。また、大会参加の選手の方からブースに掛け寄っていただき「会員なんです。」と言っていただけたり、「去年はシェイカーもらった」などのお声もいただき近畿での知名度も上がってきたのかなと感じました。

参加した多くのAFスタッフ、また大会運営者・選手の皆様の真剣な眼差しや悔しさ、嬉しさなどの様々な表情を見る事ができ、地域との繋がりを持てる大変有意義なイベントでした。
参加頂きましたチャリティ金額26000円は 瀬田漕艇倶楽部 様に寄付させて頂きます。
これからも滋賀県下へのPRはもちろん、地域の方とのつながりを大切に、チャリティ活動を続けて行きます。

お知らせ一覧へ戻る